墓の話

日頃中高年と話すことが多いからか、墓の話がよく出る。しかし、私には若い時から気になるテーマであった。
私は末っ子で家の後継ぎではないし、もう親もいない。流れ流れて郡上で暮らしているが、古くからここに住んでいる人にとっては「どこの馬の骨」だか分からない人間である。
散歩で古い寺などを回る時に、墓地を通ることがある。仏が増える度に名前を並べているらしい旧家の墓、これを先祖代々の墓としてまとめたもの、「何々家の墓」など分家らしきものなど、千差万別だ。私の見る墓地は、ほとんど全て石を彫ったものが並んでおり、みな立派に見える。
墓は、これを祀る人のいることが前提だろう。既に、骨を入れてもらえる場所のある人はそれでよい。無縁になって放置された墓を見ると、なんだかうら寂しい。これに対し、綺麗に掃除され、花を手向けてあるような墓は祖先が生きているように感じる。これらを見ると、代々家系が続くのも悪くない。
私にも子供がいるにはいるが、例え墓を作っても、彼等に墓守の負担をかけたくないというのが本音である。好き勝手に生きただけであるから、この世に生きた痕跡の残らない方が自然で、寧ろ気が休まる。私の場合、選択肢はいくつかある。
1 地上権つきの墓地を買い、卒塔婆でも立てておく。無縁になった時点で、直ちに性根を抜いてもらい、お返しする。候補になっている所は、維持費が年二千円である。
2 墓をつくらず、ほんの少し骨を拾ってもらい、船から海へ捨てる。
3 見晴らしのよい山上のどこかに埋め、後で誰にも分からないようにする。
4 永代経を頼んで、どこかの寺に預かってもらう。
5 残った者の意思に任せる。
迷いに迷っている。今のところ無縁の墓に魅力を感じているが、残った者に任せるのが筋かもしれない。

前の記事

久しぶりの海

次の記事

人並みの愛情