続セビガホキ

この前「セビガホキ」というテーマで、「セビ」は「セミ」だろうと書いた。このことに不満はない。「セミ」が「蝉」だとしても、現地踏査がままならないので歯痒い思いをしている。もやもやした気持ちを持ちながら生きるのもそれなりに面白い。が、もう少しすっきりした形にしておきたい。

地名はその地に刻された銘と言ってよく、ぐるりの地名を合わせてみれば史料となりうる文化遺産である。いつもこんな大袈裟なことを考えている訳ではないが、敬意を表して、出来得る限り明らかにしておきたいと言うのが私の立場である。

さて、実を言うと「セミ」が「蝉」とするのは音として説得力があるとしても、地名としてみると腑に落ちない点がある。蝉ならどこにでもいるし、地名としては郡上中どこを探しても他に類例が見つからない。

そこで「セミ」の例を探して見ると、和良宮代(みやしろ)に「瀬見(せみ)」「瀬見洞(せみぼら)」があった。

「瀬見」ならば、「せ-み」は共に訓なので座りが好い。これも又踏査を待たねばならないとしても、「瀬見」という漢字で表されており、「川の瀬が見える」辺りで間違いあるまい。となれば「セビガホキ」は「瀬見が歩岐」で「瀬が合わせ見られる歩岐」と解せるので、地形地名と見られ、ストンと腑に落ちる。

郡上には「見」が語尾につく地名が大和に「大間見(おおまみ)」「小間見(こまみ)」、八幡に「穀見(こくみ)」などで見られ、それほど珍しいわけではない。

私の本貫地は二見(ふたみ)という地区で、隣りが稲見(いなみ)だから、地名に「見」がついているのは馴染みがある。子供の頃、二見は通りすがりに一度見て、更に振り返って見る意味だと独断していた。海辺の旧街道沿いに松の並木があり、はるか遠くに淡路島が望める風光明媚な所だからだ。

稲見にしても、広々とした播州平野に稲田が広がり、秋の収穫期は壮観であった。どちらにしても「訓―訓」の並びである。

郡上では久具見(くぐみ 亀尾島)、深見(ふかみ、美並畑佐)、更見、上更見(ふけみ、美並高原)、小久須見(おぐすみ 八幡有穂)などがあり、私はやはりこれらも「訓-訓」だと考えている。

久具見(くぐみ)は「くぐ(屈)-み」ないし「くご-み」、深見は「深く-見える」、更見は「ふけ-み」で「ふけ」は湿地ないし沼地でよかろう。久須見は「くす(葛、楠)-み」あたりとしても、楠は美濃市あたりが北限のようなので、葛が有力かも知れない。これらでよければ、後ろに「見」のつく地名は殆んど「訓-訓」で、恐らく「大間見」「小間見」も「マ(馬)-み」ないし「ま(間)-み」でよさそうだが、穀見(こくみ、八幡)だけが明らかに「コク-み」で「音-訓」となっており悩ましい。                                              髭じいさん

前の記事

俗な人生

次の記事

穀見(こくみ)